即即無しでも稼げる吉原のソープ店の情報を知りたい

即即無しでも稼げるソープで働きたい。衛生的に問題がある即即サービスは、受ける側はいいですがサービスする女性には抵抗を持つもの。天下の吉原で即即無しで稼げるソープは実在するのでしょうか。

そもそも即即って何?

風俗業界で働く女性であれば即即の意味はわかると思いますが、これから風俗業界で働く女性にとってみると、一体何のことを言っているのか?という状態でしょう。
即即とは「即フェラ」「即ベッド」の略になります。通常ソープのプレイの流れは、挨拶から脱衣をさせシャワーを浴びて洗体と消毒をしてベッドに戻ってエッチなサービスを受けるというものになります。
一方で即フェラとはシャワーなどを浴びずにプレイルームに入ってきたお客さんのズボンをすぐに下ろしてフェラチオをサービスをすること。その流れで即ベッドはそのまま挿入してセックスをすることを指します。
女性側からしてみると、最高レベルに不衛生と言わざるを得ないサービスなのです。だからこそ男性客からしてみれば、嫌な顔一つせず不衛生な行為をしてくれるからこそ、喜びにつながったり支配願望を満たすことができるわけです。
ですから男性客側からは意外と需要があるサービスだということを覚えておきましょう。

なぜ即即を強要する風俗店が多いのか

少し触れましたが、即即サービスを提供するソープは多いです。特に利用料金が高く設定されている高級店や超高級店のソープの場合、ランク下のソープとの差別化を図るために即即サービスを強制しているところもあります。
即即があると恋人気分が味わえます。プライベートのセックスの際には、風俗のように入念に洗体はされませんし、消毒なんて行いませんよね。プライベートで特定の女性がいない男性客が多いですから、恋人気分を味わえることから即即を導入しているところもあるのです。
他にも制服感を満たすことができたり、アダルト動画などの影響もありますが、風俗嬢側からシャワーもなしに襲われるというアクションは、「エッチがしたくて我慢できない」といったような気分が感じられ、興奮することにもつながります。
また従来の流れのサービスの場合、会話やシャワーなどのお風呂場での時間が「時短行為」と受け取る男性客も多く、「サービス地雷」という評価をされてネットで叩かれることも多かったわけです。
このような理由から特に吉原の超高級店などでは即即無しでの在籍はあり得ないとさえも言われている状況になります。

女の子によってまちまち

ただし吉原の超高級店でも即即無しで稼げる女性も実在します。しかしこういった女性はトークや他のエッチなサービス。更に容姿や性格などが高いレベルにある場合がほとんどです。
高級店や超高級店になると差別化を図るために即即を強要されます。一応は「個人の自由」ということにはなってはいますが、面接の際に確認をされ、NGというと不採用になる。
採用されたとしても、お店の雰囲気でせざるを得ない状況に追い込まれるといったことも珍しくありません。講習の時点で即即ありきで指導をされることもあります。
このように即即無しなどあり得ないという環境を作っているソープが多い状況です。ただし大衆店などはS着OKという状況になっていますし、即即無しでもOK。
NSのサービスもなしなどのルールを設けていることが多いですが許容している女の子もすくなくありません。一応ランク別によって暗黙の了解的なルールは存在しますが、基本的には女性キャストの自己判断に委ねているソープが吉原では多いといえるでしょう。
お客さんによっては、性病などの感染リスクの高さから即即嫌う客もいますし、大好きで即即がないとサービス地雷だなどとネットで声高に書き込んでいる客もいます。
ただ覚えておいて欲しいのは、即即サービスを許容している女性キャストがほとんどなのに、NGにこだわっているとお客がつかない可能性があるということです。
即即だろうとNSを認めようと、逆にそれらのサービスをNGにしていようとお客さんが支払う金額は一緒なわけです。それでも自分とプレイをしたいという男性客のみをリピーターにして営業をするのか。
またサービス地雷だなどとネットで叩かれようともその意思を貫いて吉原の高級ソープ嬢として稼いでいくのかという覚悟の問題とも言えるのです。

接客スタイルの問題

高級店だから、周囲が即即やNSを当たり前に許容しているからというのは関係ありません。要は接客スタイルの問題になります。嫌だというのであれば、それを拒否すればいいだけの話。
吉原の高級店以上ではそれが必須というのであれば、大衆店や激安店で働ければいいだけの話なのです。何度も言いますが、「しなければならない」と強制されることはありません。
NGだといえば不採用になるのであれば、自分の接客スタイルとは違うお店だったということが理解できるはずです。NGにしたからといって吉原のどこのお店でも働くことが出来なくなるというわけではないのです。
要は即即無しでもNSをしなくても、リピーターがつきお店の売上に貢献できれば、ソープ店は評価をしてくれますし高い評価であればそれだけ報酬や待遇も良くなるというもの。
即即やNSを周囲の雰囲気に流されて許容してしまえば、楽に稼げるかもしれません。しかし結果として自分の肉体も精神にも大きな負担を掛けてしまうことになりますから、そこは守らなければならない部分としてこだわりを持つべきでしょう。

吉原で即即なしでも稼げるソープは?

基本的に風俗の求人サイトなどの情報には、NSなどはしなくても良いということは書かれていても、即即に関しての記載をしているソープは非常に少ないもの。
面接の際や講習の際に即即についての説明があったり、できるかどうかの質問がされるというのが一般的ですね。即即無しで稼げる吉原のソープとして有名なのは六花、金瓶梅、エルクイーン、牛若丸などが掲示板などでは即即無しでもOKと評判になっています。
ただ一方では他キャストとの差別化のために特にベテラン嬢などは即即サービスを積極的に行っており、勘違いしてしまったお客さんから強要をされたり、拒否をすればサービス地雷などとネットで叩かれる傾向があるも言われています。
そもそもは恋人プレイの接客スキルでスタートした感があるサービスなのですが、結果としてそれがスタンダードになり強制化されてしまったというのが即即というサービスといえるでしょう。
風俗の世界は良くも悪くもやる気があって積極的な女性キャストと、仕事だからと仕方なく認められた最小限のサービスしか提供したくないという女性とに大別できます。
当たり前だと勘違いしてくる男性客を上手にコントロールすることができれば、サービス地雷などと言われることはなくなるのです。ソープであれば他にも魅力的で刺激度の高いマットなどのサービスがあります。
即即もできず、マットもテクニックがないから無理。これでは稼げない嬢になったとしても致し方ありませんし、サービス地雷と叩かれても当然と感じるべきです。
やりたくないサービスがあるなら、他の部分でなんとかカバーをして高額な利用料金を支払ってくれるお客さんを満足に導く必要があるとは思えないでしょうか。

即即無しで稼げる嬢になりたいなら他で満足度をあげろ

吉原でも即即無しでも稼げる嬢になりたいのであれば、それをしなくても余るくらいの高い満足を感じられるサービスを提供してあげるべきです。
魅力的だと感じる女の子にサービス地雷だと文句を言う男性客はほぼいません。お店や他の女性キャストのせいにするのではなく、稼げるか稼げないかは自分次第なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする