超高級ソープで採用される女性って?タトゥーは無理?

ソープランドには高級店よりもさらにランクが高い、超高級ソープと呼ばれるお店があります。超高級ソープに入店できる女性とは、言ってみれば選ばれし精鋭のような存在で、本当に一握りの女性しか採用されない厳しい世界です。それだけに、タトゥーがある女性ともなるとほぼ確実に身体検査の段階で落とされます。ただし、場合によってはタトゥーのある女性でも、超高級ソープで働けるかもしれません。

超高級ソープの概要

ソープランドといってもお店によってそれぞれランクがあります。上から順番に高級店、中級店、大衆店、格安店、そしてさらに下のランクとして激安店と呼ばれるソープもあります。
ランクが高ければ高いほど待遇が良く、給料も高額になる反面、質の高いサービスを求められます。
高級店のソープ嬢ともなると、容姿だけでなく、中身についても高いレベルを要求されます。いくら綺麗な美女でも、マナーができておらず、言葉遣いが悪く、性格に問題がある場合、面接で確実に落とされるでしょう。
超高級ソープとは、そんなただでさえ面接の基準が厳しい高級ソープよりもランクが高いソープランドです。
超高級ソープに入店するためには、厳しい審査基準をクリアしなければなりません。その反面、一旦採用基準をクリアし、入店し、そして働けるようになると、経済的な成功は約束されたも同然です。
超高級ソープのお客さんというと、高い料金を払えるだけの富裕層に偏りやすく、風俗店によくある悪質なクレームとは無縁な状態で接客できます。
その上、料金はどこよりも高額なため、一回あたりの接客で稼げるバックは非常に高いです。超高級ソープのキャストともなると、1日に何度も接客せずとも、大金を稼げるでしょう。
少ない労力で誰よりも稼げる、それが超高級ソープの魅力でもあります。もちろん、高いバックを払う以上、それに見合うだけのクオリティを求められます。
面接時のボディチェックでもしもタトゥーがあることがバレると、超高級ソープでは確実に不採用になるでしょう。たとえタトゥー除去をしたとしても、その痕跡が残っていると、超高級ソープで働ける可能性は否応なしに低くなります。

超高級ソープで好まれる肌質

タトゥーのある女性は確かに超高級ソープのようなランクの高いお店からは嫌われやすいのですが、すべてのソープランドがタトゥーのある女性を不採用にするというわけではありません。
ただ、タトゥーがあっても働けるソープというと、大抵の場合、大衆店以下の低ランクなお店に限定されます。
超高級ソープのようなランクの高いお店の場合、無垢で、ナチュラルな綺麗さのある肌が好まれます。そのため、刺青だけでなく、妊娠線やリストカットの痕跡、痣、そして傷なども見咎められやすく、ボディチェックで見つかると減点対象となります。
その反対で、無垢で、みずみずしい肌を持っている女性は好まれやすく、厳しい採用基準もクリアしやすいです。

ボディチェックの有無

大衆店や格安店ともなると、面接時にボディチェックを行わないお店もあるため、タトゥーのサイズが小さければいくらでも誤魔化すことが可能なのですが、超高級ソープともなるとそうはいきません。
ランクの低いお店の場合、たとえクレームになるような事態が発生したとしても、安いお店ならば仕方がないということで、世間から許されやすいです。しかし、超高級ソープともなると、信頼関係が重視されやすく、もしもタトゥーがあることが接客中に発覚すると重大なクレームに発展しかねません。
お客さんとの信頼関係を重視しているからこそ、超高級ソープは面接時にはボディチェックをし、隅々まで女性の体を検査します。
それだけに、超高級ソープでボディチェックが行われないことは滅多にありません。もしもタトゥーや傷、妊娠線などがあるのであれば、事前に申告しておいた方が良いでしょう。後々になって嘘がバレると、余計に面接官の心象が悪くなります。

妊娠線や傷に対する評価

タトゥーや刺青と違い、妊娠線や傷などに関して言えば、面接で不利になることは滅多にないです。もちろん、お店によっては妊娠線を減点対象とすることもあるのでしょうが、人妻店のような熟女向きの超高級ソープの場合、妊娠線はむしろプラス評価になります。
傷に関しても、帝王切開のような、手術が理由の傷であれば、減点対象とはなり難いです。超高級店といえど、あらゆる傷跡をマイナス評価しているわけではありません。昔の古傷や、目立たない小さい傷であれば、面接時に不利になることは少ないでしょう。
ただし、刺青やタトゥーに関して言うと、超高級ソープから嫌われやすく、減点対象となりやすいです。

刺青に寛容な超高級ソープ

基本的にランクの高いソープほど、刺青やタトゥーを嫌う傾向があります。ただし、すべての超高級ソープが、タトゥーを拒否しているわけではありません。一部の超高級ソープの中には、刺青といってもワンポイントのタトゥーであれば問題視しないというお店もあります。
刺青といってもそれぞれで、小さければ問題ないだろうと考えている超高級ソープであれば、タトゥーがあっても働けるでしょう。ただし、刺青に寛容なお店であっても、あまりにもサイズが大きいタトゥーが彫ってある女性ともなると、不採用になりやすいです。
いくら寛容な超高級ソープであっても、限度を超えるほどアピール性の強いタトゥーともなると、採用基準に引っかかることになります。

タトゥーのリスク

タトゥーや刺青は一旦掘ると、その痕跡を消去することが難しいです。衣服で誤魔化せるような個所に掘ったタトゥーであれば日常生活を送る上で特に問題はないのですが、首まわりや腕、足ともなると、衣服では隠し切れず、周囲から見られやすいです。
超高級ソープに限った話ではありませんが、タトゥーのある女性は世間的に見て悪評化がたちやすく、面接で不利になりやすいです。
なにより、一旦掘ったタトゥーは除去が難しいです。タトゥー除去にはそれ相応の費用と時間がかかります。しかも完全に消し去ることが難しいです。
タトゥーを掘ると、一生をかけてそのタトゥーと付き合わないといけません。もしかしたら超高級ソープに入店できるだけの実力があったにも関わらず、タトゥーのために面接で落ちてしまったのでは後味が悪いでしょう。タトゥーを入れる際には、今後のことを考え、慎重になった方が良いでしょう。

超高級ソープに入店する秘策

タトゥーといっても、ワンポイントの小さい刺青などであれば、お店次第では採用されるかもしれません。ただし、タトゥーに寛容な超高級ソープであっても、容姿や性格などのレベルが一定水準に達していないと、どちらにせよ採用はされません。
しかし、あることを実践すると、多少容姿や性格に問題があったとしても、採用される確率が高まります。例えば、NSができると面接でアピールすれば、採用される確率が高まるでしょう。
NSとはゴムを着用せずに本番をする行為のことです。NSができるソープ嬢ともなると、男性からの注目度が一気に高まり、指名が集まります。
たとえ高額の料金を払うことになったとしても、NSをしたいという男性の数は非常に多く、超高級ソープや高級ソープなど、ランクが高いお店では常にNSができるソープ嬢を積極的に採用しています。
たとえタトゥーがあり、採用基準に達していなかったとしても、NSができるといえば、それだけで採用される確率が上がるのです。
ただし、NSをすると、性病に感染する確率が否応なしに高まります。いくら超高級ソープに採用されたいといえど、リスクを鑑みずにNSを実践することだけは避けましょう。

超高級ソープはランクが最も高いお店ということもあってか、タトゥーには非常に厳しいです。しかし、寛容なお店であれば、タトゥーがあったとしてもサイズが小さければ働けるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする