本番強要に慣れているヘルス嬢がソープに移籍したら稼げるのか

ソープ以外の業種で働いている風俗嬢にとって、本番強要は一度は体験することになる通過儀礼のようなものでもあります。しかし、法律で売春は厳しく禁じられているために、本番していることがお店にバレてしまった場合には、最悪お店事態が潰れてしまうことも十分にあり得るために、クビになることもあります。そのために表向きは厳しく禁止されていることが多いですが、特にデリヘルにおいてはお客さんと2人しかいないことが多いので、バレにくく指名を得るために嬢自身が本番を持ちかける場合もあります。今回は、そうした本番強要に慣れているヘルス嬢が、もしソープに移籍したらお金を稼げるのかどうかをまとめました。

そもそも本番強要とは? ~デリヘルでもファッションヘルスでも起こります~

ではまず、本番強要について確認しておきましょう。本番強要は、俗に本強ともいわれ大抵の場合はお客さんからさまざまな手法で、アソコで本番をすることを強要されてしまうことをいいます。どうしても、ヘルス系の風俗はお客さんと2人っきりになってやることなので、ピンサロやセクキャバといった周りの目があり、ボーイさんがある程度監視しているタイプの風俗に比べるとこうしたことが発生しやすい環境にあります。嬢としても、なるべく入ったお客さんにリピーターになってもらって、自分が稼ぐための上客を増やしたいと考えているので、一部には本番をしたいというお客さんの思惑と、稼ぎたいという嬢の思惑が一致して本番に発展してしまうこともあります。ただし、デリヘルはお客さんの家かホテルが主な仕事場であることに対して、ファッションヘルスはお店のプレイルームという大きな違いがあります。高級なファッションヘルスの場合は、ホテルの部屋並みに防音体制や環境がきちんと整っているためにデリヘルとそれほど大きな違いはありませんが、安いファッションヘルスだと部屋自体がパーテーションで区切られただけの場合もあり、隣の部屋の音が全て聞こえるというところもあります。お客さんにとっても嬢にとっても、バレるとあとあと面倒なことに巻き込まれてしまうので、こうした安いところほど発生しにくくなる傾向にあるようです。
そして、本番強要の1つの別の形としてアナルファックを利用した隠れ蓑というパターンがあります。これは、大抵の場合オプションとして独立しているアナルファックを注文すると、本番行為が黙認されるというものです。つまり、穴を使うプレイならば前でも後ろでもかまわないし、女性側としてはアナルのほうが負担が大きいためにそれだったら前でやってしまえばよい、という考え方によるものです。この場合は、強要とはいかない場合も多いですがお客さんもオプションとしての料金を払った後であることが多いために、ただ単純に求められた場合と比較して断りにくいという難点もあります。

ソープに移籍した場合、どのようなメリットがあるのか

では、そんな本番強要に慣れているようなヘルス嬢がソープに移籍した場合に稼げるようになるのかを考えてみましょう。
まずソープは法律的には黙認状態とはいえ、本番が基本のサービスとして存在するところです。その他にも、ヘルス系統に比べて高額のプレイ料金を払う分高い接客技術が求められる業種でもあります。マットなどがその代表例と言われます。激安店から高級店まで幅広い値段帯を設定していることも大きな特徴であり、値段帯によってお客さんの客層、プレイ料金、求められる要素などデリヘルよりは極めて大きな幅があります。
このような基本的な要素を含めて、移籍した場合のメリットとしてどのような要素があるのかを考えてみましょう。まず、最大のメリットは、デリヘルに比べて稼げるという点です。ソープは当然本番が基本になっているために、お客さんの支払う料金が高いわけですからそれはそのまま嬢のバックに反映されます。お店にもよりますがおおむね60%~70%程度は嬢の取り分になるお店が多いです。負担が大きい業種ではありますが、その分稼げると言えます。
そして次のメリットとして、精神的に楽であるとも言えます。デリヘルにおいて本番強要のお客さんを受け入れるにせよ、ダメといって断るにせよ精神的な負担があることは間違いありません。受け入れれば、それはそれでリスクになりますし断ればお客さんから愛想を尽かされて、指名に繋がらなくなり実質的な稼ぎの減少に繋がってしまいます。しかし、ソープにおいては本番があることが前提なので、初めから心づもりをした上での接客になります。覚悟を決めている分、また変に断る必要性がない分精神的にはラクであると言えます。
このようなメリットが主に考えられるでしょう。

ソープに移籍した場合、どのようなメリットがあるのか

では次に、デメリットについて考えてみましょう。
1つは、思った以上に稼げるなくなる可能性があるという点です。デリヘルに比べてよりサービスの内容が濃くなる場合は、負担が大きくなるということなので稼げる場合がほとんどです。しかし、周りの競争相手となる他のソープ嬢もレベルがその分上がり、本番をすることによるメリットはなくなるので、その分他に光る部分がないと稼げなくなってしまう可能性があります。また、マットなどのソープ独自の性技もありますので、こうした部分でどれだけ優位に立てるかによって、稼げるかどうかが決まります。
もう1つのデメリットは、既に少し述べていますが身体的な負担は大きく増えるということです。ソープの場合60分以上ならば、ほぼ確実にマットプレイが必須となり体中にローションをつけてお客さんと肌をすり合わせることになります。その分、プレイが終わった後にシャワーを浴びお風呂に入らなければならない回数が、デリヘルに比べて増えますのでその分お肌が荒れたり、シミができやすくなってしまうなどのデメリットが存在します。
さらに、本番があるといっても激安店または大衆店の場合には、通常ゴム付きで本番を行うことになりますが、この部分で差が出ることになります。つまり、ゴムなしでプレイすることが一種の上位サービスになるのです。もちろん、ゴムなしでプレイすれば性病の感染から妊娠の危険性があるためにオススメできないことは確かなのですが、指名やリピーターを得るためにNSで頑張っている嬢が一定数存在することも事実です。

まとめ ~稼ぐことはできるかもしれません~

本番強要に慣れているデリヘル嬢がソープに移籍した場合に、稼げるかどうかについてまとめましたが、総じて稼げる確率は高いと思われます。これに加えて、最初から本番することが前提になっている風俗の業態であるために、精神的負担がデリヘルの本番強要に比べれば少ないことが特徴でもあります。ただし、より肉体的な負担は増して、それでも稼ぎが増えないこともあり得ますのでこの点には注意が必要です。また、本番の中でもゴムアリが基本の中で、ゴムなしで行うことは指名やリピーターの獲得に役立つことが多いですが、性病や妊娠の危険と隣り合わせの危険な行為でもありますので、行う場合には自分できちんとコントロールできると確信して、覚悟を持って行うことが大切です。それが厳しい場合には、無理をせずにゴムをつけて行いお客さんの数をこなしていくほうが、結果的に多く稼ぐことができるようになるでしょう。

高収入バイトを探すなら

効率よく稼げるお店を探すならスカウト型風俗求人サイトがおすすです。
無料登録をするだけで、お店側からオファーメールが届きます。
その中から条件にマッチしたお店を選びましょう!

稼げるお店がたくさん掲載されてるサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

登録したらオファーメールを待ってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする