ソープの客が一番選びやすい指名時間とその理由

ソープランドは、男性が利用する時間を設定して、その時間に指定された料金を支払っています。金額が時間に対して大きな設定としているのは、高級店という明らかに値段を高くしている風俗店と考えてください。
実は、男性に指名されやすい設定時間があります。指名する時間を理解していることで、意外と指名される可能性が高くなります。長い指名時間を断るようなことをせずに、どのような指名時間でも対応する風俗嬢のほうが圧倒的に良いのは間違いありません。

ソープで多く指名される時間は60分程度

ソープで指名を行われる場合、60分が一般的とされます。60分未満のサービスも展開していますが、話をする時間が作れなかったり、思っていた以上に射精するまでに時間がかかり、フィニッシュできないという問題もあります。そのため、安心して出すことのできる60分という指名を、男性が行っている傾向も多くなっています。
男性の中には、早漏で困っている方もいますし、遅漏で困っている方もいます。早漏という場合には、すぐに出てしまう問題を抱えているので、60分の中で2回目の挿入というのも行っていきます。ただ、挿入する回数が長くなっていることは、それだけ射精している回数も多くなってきますので、徐々にですが男性だって辛いと感じてくるのです。
逆に遅漏というのは、1回の指名時間で完了させられない問題があります。本来なら問題なくフィニッシュできると思っていたのに、フィニッシュできない状態となり、延々と挿入してしごかないと全く出せない状況になっているのです。遅漏になってしまった人は、女性から得られる刺激が弱すぎて、なかなか出せない問題も抱えているのです。
風俗嬢は、こうした男性の状況などを踏まえて、どれくらいの指名時間が用意されるのか理解しておくことです。大体60分コースを利用されるんだなと思っていたほうが、常に指名で長すぎるとか短いというイメージを持たないでしょう。ある程度指名されやすいのは、大体60分程度が多くなっているのです。

エッチの回数が多くなると女性も大変

60分という指名時間がある程度取られることはわかったかと思いますが、問題はエッチの回数です。本来であれば、1回で完了するように調整して、女性は性的な刺激を与えていくことが一般的です。ところが、早漏の人は回数が多くなってしまい、何回でもプレイを行う必要があるのです。挿入している時間が短いのは良いかもしれませんが、その分だけ難度も入れることになってしまい、逆に疲れてしまうでしょう。
エッチの回数が多くなってしまうなら、刺激を弱くしてあげることも大事です。風俗嬢は、刺激を弱くする方法もしっかりと考えて、できる限り無理のない方法で接待を行うのが一番です。挿入する時間が長いだけでなく、挿入している回数が多くなってしまわないように、調整しながら接待を行っていくといいでしょう。
なお、遅漏の方は1回で済ませられる可能性が多いのですが、1回でも挿入している時間が非常に長くなってしまい、思っていた以上に挿入時間が長くて困ってしまうでしょう。挿入する時間が長いのも、女性にとってはとても嫌な問題なのです。

発射するまでの時間を調整して回数を減らそう

早漏の人を相手にしている場合は、特に発射するまでの時間が短いために、すぐに2回目に入ってしまいます。例え60分コースだったとしても、発射するまでの時間があまりにも短く、次の挿入を行わないと駄目な状態になっているのはあまり良くないでしょう。
客によって、発射するまでに時間がかかったり、逆に相当短くなっていたりするので、刺激を調整して挿入回数や時間を減らしていくといいでしょう。ここでは、挿入している時間だけでなく、フェラなども駆使して刺激を与えましょう。フェラである程度刺激を与えておけば、挿入した時に入れられている時間を制限できます。
一回の挿入時間を減らしていくこと、そして男性が挿入する回数をなるべく減らしていくことは、風俗嬢が多くの客から指名をもらうときには重要なポイントです。刺激をうまく調整できるようなら、早漏だとか遅漏だとかで困ることもないでしょう。

トリプル以上の男性に対してはどうするか

早漏の中でも、かなり早く出してしまう人が、60分コースなのにトリプルという状況を作ります。トリプルというのは、3回以上挿入している人のことを指します。コースの時間に対して、挿入している時間が非常に短く、逆に回数が多くなっている場合は、やむを得ないと思って対応しましょう。
最近では、120分コースでも5回以上の挿入というのが行われています。回数が多ければ多いほど、女性に掛かる負担もかなり高くなっていきますが、男性が満足できない限り風俗のサービスは終わりません。何とかして満足させてあげるために、体調管理などを行って回数をこなしていくといいでしょう。
男性から、何回も挿入されてしまう状況はあまり良くないかもしれません。特に初めてソープで仕事を行っている方は、挿入回数が2回以上になっているだけでも、これまでに経験したことのない状況を作られるでしょう。それでも、ソープの中には、トリプルという何度も挿入しては、射精している男性もいるのです。

ゴムを付けるかどうかも時間に影響している

挿入している時間は、ゴムを付けるかどうかで変わります。ゴムを付けることをS着という言葉で表現していますが、ゴムを付けると刺激が弱くなり、早漏の人もある程度刺激に耐えられるようになります。逆に遅漏の人は刺激が弱すぎて、全く出せなくなってしまうので、延長のオプションを使われる可能性もあります。
ゴムを付けない方法、つまりNSのサービスを提供していく場合は、挿入される回数がだけでなく、挿入している時間なども含めて結構大変です。女性にも刺激が多く入るようになりますし、擦られる回数が増えていくとアソコが痛くなってきます。何度も挿入しては出している状況だと、風俗嬢だって大変だと思うでしょう。
時には、ゴムを付けるというのも大事になります。ゴムを付けていることによって、挿入する回数を抑えるだけでなく、性病なども防げるメリットが有り安心できるのです。

接客が終わったらシャワーを使って洗おう

もし、挿入している回数が多くあるなどの理由で、少し違和感が残っているのならシャワーを行ってください。アソコの部分をシャワーで洗って、綺麗に整えると同時に、痛みを少し軽減していきます。これは、プロのAV女優でも実践していることですので、接客画が終わったらしっかりと洗いましょう。
シャワーを使っていることで、刺激を受けている部分を少しでも抑えることが可能になります。挿入する時間が長かったり、挿入される回数が多かったとしても、安心できるでしょう。

ソープは60分からの指名が多いことを知っておこう

風俗嬢は、指名される時間についてしっかり考えておく必要があります。客がどのような指名時間を設定するかはわかりませんから、常に60分以上の指名時間と思っていたほうが気持ちの面では楽です。
その上で、挿入される時間などをしっかりと考えましょう。男性の射精状況により、負担は大きく変わっていくのです。平均しても、1回でプレイが完了しないのもソープの特徴となっていますので、刺激をどのように調整して、射精までの時間を長くするか考えておきましょう。

高収入バイトを探すなら

効率よく稼げるお店を探すならスカウト型風俗求人サイトがおすすです。
無料登録をするだけで、お店側からオファーメールが届きます。
その中から条件にマッチしたお店を選びましょう!

稼げるお店がたくさん掲載されてるサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

登録したらオファーメールを待ってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする