ソープランドでは保健所の検査がある!ゴムとか見つかるとヤバイ

保健所の立ち入り検査、それはソープランドの一大イベントと言っていいでしょう。検査のある日はお店のスタッフは大わらわ。保健所の職員が来る前に準備を整えておかなければいけないからです。
コンパニオンであるソープ嬢にはあまり関係ないと思われがちですが、立ち入り検査は保健所にとっても、そしてお店にとっても非常に重要。お店は検査を拒否することはできないので、保健所を受け入れるしかありません。
ここでは、ソープランドにおける保健所の立ち入り検査について説明していきます。

立ち入り検査をする理由

保健所は定期的、あるいは抜き打ちで立ち入り検査を実施します。ソープは銭湯などと同じく公衆浴場と言う位置づけなので、法律に基づいて保健所が衛生状態を確認することになっているのです。
風俗店なら管轄は警察なんじゃないの、と思うかもしれません。ですがソープは保健所の管轄。これには営業許可も含まれています。ヘルスなど他業種は警察の管轄ですが、ソープだけは例外なのです。
建前上、お店は入浴設備を用意しているだけであって、その中で何が行われているかまでは関与していないことになっています。つまりお客さんとソープ嬢が個室内で本番をしようが何をしようが無関係ということ。風俗においてソープのみ本番が許されるのはこれが理由です。なので、保健所はあくまで入浴設備の衛生状態を検査すると言う名目で検査しているに過ぎません。
浴場として機能しているかのチェックはとても厳しいです。公衆浴場という位置づけなのでスチームバスなど設備に異常がないかも徹底的に調べられます。もしもここでコンドームやマットなど通常の浴場ならありえない物品が残されていれば、場合によっては保健所から警察に通報されて摘発される恐れがあります。公衆浴場の場で売春行為の疑いあり、と判断されてしまうからです。保健所に言わせれば、性的サービスなどそもそもありえない、と言うのが建前。よほど注意深いお店だと、日ごろからアダルトグッズを個室内に置かないよう指導することもあります。事前に立ち入り検査の日時を知らされているならまだしも、抜き打ちだとそうしたものをすぐに隠せません。いつ検査があっても困らないように対策を取るお店が多いのは事実です。

警察はいつでもソープを摘発できる

いくらソープは保健所の管轄とはいっても、まったく警察が来ないということは有り得ません。建前上はお客さんとソープ嬢との自由恋愛の結果とはいえども売春行為であるのは事実だからです。風俗の中で唯一本番行為ができるとされていますが、法的にはグレーゾーン。何人ものコンパニオンを集めて売春行為をさせているわけですから、いつ、どのお店が摘発されてもおかしくない状況。故にソープは常に摘発のリスクと隣り合わせということになります。
しかし、ただ単に売春行為が疑われるという理由だけでは摘発されません。例えば暴力団関係者が経営している場合、発覚され次第ガサ入れが行われます。暴力団にとって風俗店経営で得られるお金は重要な資金源。警察にとってはその資金源を見過ごすわけにはいきません。
このように、警察は少しでも反社会的勢力の関与が認められた場合は問答無用で捜査に入ります。ソープは十分にグレーゾーンですが、暴力団はブラックそのもの。ソープよりも暴力団を弱体化することの方が優先なのです。

接客中に保健所が来ることはある?

お店によっては立ち入り検査の日を休業にするところがあります。事前に立ち入り検査がいつなのか分かっていれば対処できますが、問題は抜き打ちの場合。いかなる場合でも検査を拒むことはできませんから、接客中であっても検査を実施されます。
ですが、抜き打ちとはいえある程度時期や時間帯は決まっています。なのでその近辺はマットやローションなどを一時的に隠したり、服を着てお客さんと会話するだけに留めたりと、ある程度対策はできます。お客さんにとっては不満でしょうが、仕方ありません。

コンドームなどがあると即座に営業停止?

先に紹介したように、ソープは銭湯やサウナと同じく公衆浴場の1つ。コンドームやローションなどがあるのは本来おかしいのです。もしもうっかりそれらが保健所職員の目に触れてしまえば、その時点で営業停止になるのでしょうか。
これは保健所の対応次第。非常に細かい職員ならコンドーム1つ残っているだけで営業停止処分する場合もあるし、厳重注意程度で済む場合もあります。保健所にしろ警察にしろ、ソープランドにアダルトグッズやエアーマットが無いなんてありえないことくらいわかっています。こうした検査は形だけでも法律や規則通りに行われなければならないため、コンドームが残っていてもお咎めなし、というわけにはいきません。厳重注意程度で済むのであれば、それは事実上「見逃してあげるよ」というサイン。
結局、その時にやってきた職員の対応次第で営業停止になるかどうかが決まるわけです。
ただし、職員の受け入れを拒んだ場合、即座に営業停止になる確率は高くなります。仮にその日店長など責任者が不在であっても、お店は検査の拒絶を一切できません。

ソープ街のお店は摘発されにくい?

吉原や堀ノ内、すすきの、中州などはソープランド密集地帯。もちろんソープも企業ですから税金を納めて国や地方自治体に貢献しています。いくらグレーゾーンの業態とは言え、税収に貢献している以上は、やたらに摘発しても税収が下がるだけです。そのため、ソープ密集地帯よりも摘発されにくいとされています。よほど悪質な事例、例えば暴力団関係者が関与しているなどの場合は摘発されますが、売春行為が疑われる程度では営業停止にはならないと言っていいでしょう。
また、ソープ街かどうかに関係なく、全てのソープを摘発してしまうとかえって性犯罪が増加する恐れがあります。「風俗は必要悪」と言われるのはこのため。保健所も警察も単に黙認しているに過ぎません。なのであくまでも法律に則った影響さえしていれば、とりあえず処分は免れる、というのがソープ業界や警察などの考え方なのです。

煩わしいけど非常に大事な立ち入り検査

お店からしてみれば保健所なんか来てほしくありません。けれど、従業員やお客さんの健康上の安全を守るという意味でとても大切なものなのは確か。実際、過去にとあるソープを利用したお客さんが肺炎で死亡する事件がありました。すなわち衛生面で問題があったということ。お客さんもそうですが、個室内で長期にわたって働くソープ嬢の方が病気に感染するリスクは非常に高まります。不衛生な環境から身を守るためにも保健所の立ち入り検査は合理的と言うわけです。

まとめ

ソープランドは保健所の立ち入り検査を拒めません。拒んだところで営業停止などになるだけです。ソープ自体は非常にグレーの業態。ですがその多くが摘発されずに生き残っているのは、保健所の立ち入り検査をきちんと受け入れているから。保健所、そして警察に監視されながらも営業していくためには法律に従うしかないのです。
営業停止になれば、もちろんソープ嬢は仕事を失います。場合によっては売春の疑いありとして逮捕される恐れも。ソープで働くということはこうしたリスクも多いということです。
法律に則って営業している以上はほとんど摘発されません。コンドーム等アウトな物品さえ撤去されていれば、保健所は何も言わずに帰ってくれます。

高収入バイトを探すなら

効率よく稼げるお店を探すならスカウト型風俗求人サイトがおすすです。
無料登録をするだけで、お店側からオファーメールが届きます。
その中から条件にマッチしたお店を選びましょう!

稼げるお店がたくさん掲載されてるサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

登録したらオファーメールを待ってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする