ソープランドの給料と仕事内容をランク毎に教えて!

ソープランドといえば、吉原や堀之内のソープランド街が有名です。これらのエリアには日々、多くの泡姫たちが男性を相手に性的なサービスを提供しているのですが、勤務するお店のランクによって、ソープ嬢の仕事内容や給料に違いが生じます。できるだけ高額の報酬を稼ぎたいと思うのであれば、ランクの高いお店がオススメとなります。

ソープランドの仕事の特徴

ソープランドに務めている風俗嬢のことを世間ではソープ嬢や泡姫と呼ぶのですが、彼女たちは普段、どのような仕事をしているのでしょう?
まずソープランドというと、性的なサービスを提供するお店のことを指します。男性はまず料金を支払い、ソープ嬢を指名し、プレイルームにてサービスを受けることになります。
具体的なプレイの内容はお店によってそれぞれ異なります。ただ、どこのソープランドでも、基本プレイに大差はなく、キスやフェラ、69、素股などのプレイを行います。
そして、これが他の風俗店との大きな違いとなるのですが、ソープランドは風俗業界において、唯一例外的に本番が黙認されているお店です。そのため、デリヘルなどの風俗店ではできない行為がソープランドでは可能です。
このように、仕事内容に本番が含まれているということもあってか、ソープランドの単価は他の風俗店よりも高くなる傾向があります。そして、たとえ料金が高かったとしても、本番ができるという強みもあってか、ソープランドには日々多くのお客さんが訪れるものです。
もっとも、同じソープランドといえど、大衆店と高級店とでは、ランクに大きな隔たりがあるだけに、仕事内容や給料に関して違いが生じます。
基本的にどこのソープランドであっても本番があるという点は共通しているのですが、ランク次第ではさらなるサービスを要求されることもあります。果たしてランクの違いは、仕事内容や給料にどのような影響を与えるのでしょう?

大衆店と高級店の仕事内容の違い

まず、ランクが高くなると、仕事内容にクオリティを求められるようになります。例えば、高級店ともなると、ランクがもっとも高いソープランドなだけに、どこよりも質の高いサービスを要求されます。
それだけに、高級店のソープ嬢ともなると、どのランクの泡姫よりも給料が高くなる傾向があります。高級店のソープ嬢ならば、出勤すれば1日で10万円以上の給料を稼ぐことも難しくないでしょう。
もちろん、給料が高いということは、それ相応のサービスを求められます。高級店の泡姫ともなると、浴室を使ったプレイから、ローションを使ったプレイ、マットを使ったプレイなど、大衆店ではやってないようなサービスを実践してくれます。
それだけに、高級店の接客時間は他店と比べて伸びやすく、一回あたりの接客時間が2時間を超えることもザラにあります。
その反対で、大衆店のようなランクの低いソープランドともなると、本番さえ出来れば良いという風潮もあってか、マットプレイやローションプレイが簡略されることがあります。中には浴室を使ったプレイを省き、いきなりベッドプレイから入るお店もあります。
このように、大衆店は仕事内容が簡素化される傾向があるため、接客時間も1時間以内におさまることが多いです。
そのため、高級店ならではのプレイ、例えばNSや即即などのプレイは、大衆店では基本的にやっていません。
さらに、大衆店は高級店と違い、客層が低所得者層に偏りやすいということもあってか、完全S着のお店が多いです。できるだけ安全に、ゴムありで仕事をしたいのであれば、高級店よりもランクの低い完全S着のソープランドを探した方が良いでしょう。

高級店と大衆店の時給・日給・月給の違い

仕事内容に違いがあるということは、当然ですが時給・日給・月給にも大きな違いがあります。
まず高級店の場合、単価が高いということもあり、バックも相対的に高くなる傾向があります。
高級店の泡姫ともなると、時給単位の稼ぎが1万5000円から2万円を越えるものです。仮に時給2万円稼げるソープ嬢がいるとして、1日6時間働くと、日給は12万円となります。このペースで1ヶ月の間に20日出勤すると、月給は240万円という、破格の給料を稼げます。
次に大衆店の場合ですが、大衆店の泡姫ともなると時給で稼げる金額は1万円前後となります。仮に時給1万円で、1日6時間働くとすると、日給は6万円となります。このペースで1ヶ月の間に20日出勤すると、月給は120万円となります。
あくまでシミュレーションの上で算出した数字のため、必ずしもこの通りの金額を稼げるとは限りません。ただ、高級店と大衆店とでは、たとえ接客時間が同じだったとしても、給料に倍以上の開きが生じます。

高級店の注意点

ソープ嬢ができるだけ稼ぎを増やそうと思うのであれば、断然高級店がオススメです。高級店はバックが高額で、さらに客層も富裕層に偏りやすいので、非常に安全に稼げる環境があります。
では、高級店はどこにあるのでしょう?
ソープランドの高級店というと、吉原や川崎の堀之内に多く軒を連ねています。吉原は素人っぽい女性が多い反面、堀之内はテクニックや経験のある泡姫が多く在籍しており、玄人好みなエリアとなります。
吉原や堀之内にある高級店に入店することで、ソープ嬢はどのランクの泡姫よりも高額の給料を稼げるようになるでしょう。ただし、注意点として、NSの有無は事前に確認しておきましょう。
ソープランドの高級店の中には、NSありのお店もあります。そして、ソープランドは基本的にどこも大々的にNSがあると公言していません。本当にNSがあるかどうかは直接聞いて確認しないとわかりません。
NSを始めると、確かに高額の給料を瞬く間に稼げるのですが、その反面、性病に感染するリスクが否応なしに増加します。できるだけ安全に働きたいのであれば、S着の高級店を探しましょう。

高級店の採用基準

単純に、稼ぎを求めるのであれば、大衆店よりも高級店がオススメとなります。ただし、大衆店と違い、高級店ではサービスの質を求められるということもあってか、採用基準が非常に高く、滅多なことでは入店できません。
高級店で採用されるためには、容姿の綺麗さとは別に内面的な美しさが求められます。礼儀や、マナー、会話のテクニックなど、高級店に相応しいだけの人格が求められるのです。
当然ですが、面接に遅れてくるような非常識な人や、言葉遣いがなってない人、態度やマナーが悪い人は不採用になりやすいです。
高級店の面接を受けるのであれば、最低限として、マナーや教養を身につけておきましょう。

大衆店で働くメリット

大衆店は確かにバックが低く、さらには客層も悪いというデメリットがあります。その一方で、採用基準が緩く、容姿にコンプレックスのある女性や、性格に問題のある女性でも採用されやすいというメリットがあります。
高級店ともなると、タトゥーや妊娠線のある女性ともなると、ボディチェックの段階で落とされる可能性が高いです。その一方で、大衆店であれば、タトゥーや妊娠線、さらにはリストカットの痕跡がある女性でも採用されやすいです。
他にも、サービスに関して質を求められないため、仕事に対するプレッシャーが少なく、気楽に働けるというメリットがあります。
それに加え、大衆店は料金が安いということもあり、日々多くのお客さんが利用します。フリー客が付きやすいため、まだリピーターがいないという女性であっても、出勤すればすぐにお客さんがつき、接客できるでしょう。
確かに大衆店のバックは安いのですが、それに反比例するかのように回転率は非常に高いです。大衆店で人気を集め、1日に何人ものお客さんを相手にするなど、量をこなせば高級店のソープ嬢並みの高給も夢ではありません。

高級店は給料が高い反面、仕事内容が多く、さらにはクオリティを求められます。大衆店はバックこそ低いのですが、気楽に働けるというメリットがあります。どちらにも一長一短がありますので、自分に最も適したランクを選びましょう。

高収入バイトを探すなら

効率よく稼げるお店を探すならスカウト型風俗求人サイトがおすすです。
無料登録をするだけで、お店側からオファーメールが届きます。
その中から条件にマッチしたお店を選びましょう!

稼げるお店がたくさん掲載されてるサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

登録したらオファーメールを待ってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする