ソープ嬢の常識!生理中の休暇と休まず出勤する方法

風俗のお仕事は、女性が大金を稼ぐのに適していますが、一方で女性特有の生理に邪魔されることがあります。風俗サービス全般に同じことが言えますが、中でも本番行為のあるソープランドは生理をごまかしきれないためにその期間中、お休みを取らざる得ないこともあります。しかし中には生理中にもかかわらず、お休みを取らずに働いているツワモノやお店から無理に出勤するように言われて困る女性もいます。稼ぐためにこの業界に入ったのだから、生理でも出勤できた方が良いので、それぞれに工夫を重ねているようです。

生理中はお休み?出勤?

ソープランドは、もっともハードな風俗サービスが行われる風俗店であり、本番行為ありきでプレイが行われています。そのため、生理中で女性器からの出血があると、本番プレイの最中にバレそうな気がします。生理中はお休みをもらう風俗嬢も多いのですが、人によっては何らかの対策を立てて出勤して、ばれないように働く人もいるようです。

生理中休むのは迷惑?

ソープランドでは、基本的は生理中にお休みを取れるようになってます。本番プレイのあるサービスになるため、生理中の出血はお客さんに不快感を与える恐れも有ります。そのため、お店でも生理中には風俗嬢を休ませる傾向が強くなります。

ところが、風俗嬢や風俗店によっては、生理中にも出勤できることになっていたり、お店から風俗嬢に対して出勤するように要請、または強要することもあるようです。休むとシフトが埋まらなくて困る、人気のあるソープ嬢だから出勤させたい、など理由はいろいろですが、生理中であろうと長く休むとお店の売り上げや他の風俗嬢のシフトにしわ寄せが来るので、お店は休まれることを迷惑に思うこともあります。

お客さまの反応は?

ソープランドでは、本番行為が行われるため、生理中であることがバレる可能性が高くなります。他の風俗サービスでも、手マンや指入れ、クンニなどを男性客にさせると、血の匂いがしたり、経血がもれたりといったリスクはありますが、ソープランドではロングタイムを選ぶお客さんも多く、性器への刺激も激しいため、よりハイリスクになってしまいます。

男性客としては、ソープ嬢が生理中で出血していることをあまり快くは感じていません。血液の匂いを嫌う人もいますし、不潔なように感じることもあります。ソープ嬢は生理を隠しているので、気を使って知らん顔してくれるお客さまもいますが、はっきり嫌がられることもあります。

ソープ嬢は生理中に出勤する方がいい?

ソープ嬢が生理中に休まないのは、お店の要請や稼ぎたい気持ちなどいろいろな理由があります。体調が悪くなくて、お客さんに文句を言われなければ、出勤しても良さそうに思えますが、経血が出ている状態は、見た目だけでなく、衛生面でも問題があり、感染症などのリスクを持ちますし、生理中の膣内はデリケートになっているので、仕事中に何度も膣を使ったセックスをこなすのはあまりおすすめ出来ません。

少なくとも、経血の量が多かったり、生理が重い日、おなかが痛い日などには、出勤を控えたいものです。

休むことが出来ないソープ嬢のための対策

ワケあって休むことが出来ない場合には、「海綿」という風俗嬢御用達の対策グッズで乗り切ることが必要です。意外と気づかれないでプレイできたという人もいます。

海綿を膣内に入れる

生理の際に風俗嬢が使うのは、海綿です。海綿を膣内に「タンポン」のように入れておくことで、経血が出てくるのを防ぐことができます。海綿は、黄色っぽいスポンジ状のアイテムで、一応天然素材で出来ているので、体への安全性に問題はありません。ピンポン玉状の大きさにカットした海綿を水で絞ってから膣の奥に入れます。入れるのが得意ではない人は、ローションで滑りを良くすると楽に入ります。海綿が血液を吸い取って、外に流れないように留めてくれます。

指入れや激しいセックスは避ける

海綿を入れておくことで出血がバレることは一応避けられるとは言われていますが、実はあまり激しく膣内を触ったり、奥の方に触れる行為をすると、経血が漏れ出すことがあります。そのため、お客さんの興ざめを防ぎたいなら、指入れや奥まで突くような激しいセックスは避けた方が良いでしょう。新規のお客さんであれば、こちらが積極的に攻めて受け身になるタイミングを減らしたり、膣内以外の場所を積極的に攻めさせるようにします。

海綿はマットの後にさりげなく入れ替える

海綿はある程度の時間、経血をストップさせてくれますが、やはり長時間使っていると洩れやすくなります。そのため、海綿を入れるタイミングはプレイぎりぎりが良いでしょう。慣れていない場合には、接客に入る前ぎりぎりに入れますが、慣れている人なら、マットプレイが終わった後にさりげなく付け替えることで、より清潔に、よりニオイや汚れを防ぐことができます。

バレ防止はせず自分でバラしてから接客を

常連で指名をしてくれるお客さんには、その後もリピートしてほしいので、できればあらゆるリスクを減らしたいものです。生理の汚れを気にしない男性はもちろんのこと、生理中はプレイしたくないという人に対しても正直に話してしまった方が良いかも知れません。気にしない人はそのままプレイしてもらいますが、嫌だという人の場合には正直に「生理だから」と伝えて、別の日に予約してもらえば良いのです。生理なのに無理して接客しても、バレて不快感を与えてしまうと、リピートしてもらえず努力が無駄になってしまいます。

生理中に御用達の「海綿」の使い方の注意とは

生理中の風俗嬢御用達の「海綿」ですが、使い方には注意が必要です。下手に使うとお客さんに不快感を与えてしまいます。

早めの取り出しと入れ替えを

海綿は経血を留めてくれますが、その機能にも限界があります。そのため、無理せずに短時間の利用をすることが必要です。まだ洩れていないタイミングで早めに入れ替えをすることで、お客さんの前で血液が漏れ出すのを防げます。また、プレイが終わったら、すぐに取り出して、性器をキレイに洗うことも大切です。

入れる前に膣内をキレイに洗ってニオイ消し

海綿を入れる前にも、膣内をキレイに洗浄しておくことが必要です。そのまま入れてしまうと、膣の中に残っていた血液やニオイがとれずに、臭くなってしまいます。まずは、膣内を十分に洗い流してから、海綿をセットしましょう。

取れない時はベテランスタッフに取ってもらう?

海綿はお客さんに見つからないように奥の方にセットしたり、海綿を入れてのセックスで膣の奥まで入り込んでしまうことがあります。奥の方に入った海綿を取り出すのは少々難しく、慣れていない人は取り出せなくなることもあるそうです。その場合には、ベテランの人に相談して取ってもらうか、婦人科で取ってもらいましょう。

女性の同僚(先輩)でも良いですし、店長クラスなら、男性スタッフでも慣れた人はいます。ただし、慣れない男性スタッフに取ってもらうのは相手に誤解を与えることにもなるので、避けた方が良いでしょう。ベストなのは婦人科で取ってもらうことです。洗浄などアフターケアもしてもらえます。

大切な予約のお客さん以外は無理をせずに

生理中に海綿を使って接客をするのは、大切な予約のお客さんくらいにしておき、できれ
ば生理中はお休みを取った方が良いでしょう。また、海綿を使ってもバレることはあるため、普通に海綿を使いこなしている人も、生理中のプレイに嫌悪感のないお客さんオンリーにしておいた方が良いかもしれません。

まとめ

女性にとって生理は毎月のルーティンですし、それはソープ嬢でも同じことです。また、生理中の体がデリケートであり、体調が悪くなるリスクが高いのも同じです。そのため、生理中はお休みすることが望ましいのですが、どうしても休めない時は海綿という便利アイテムを使ってみましょう。ただし、お客さんに隠してプレイをしても、バレた時に印象を悪くする恐れがあります。

高収入バイトを探すなら

効率よく稼げるお店を探すならスカウト型風俗求人サイトがおすすです。
無料登録をするだけで、お店側からオファーメールが届きます。
その中から条件にマッチしたお店を選びましょう!

稼げるお店がたくさん掲載されてるサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

登録したらオファーメールを待ってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする