ソープで働きながら昼職はどんな仕事が良い?

ソープ嬢として働く場合には高収入が期待できるジャンルで人気も高いですが、ソープ嬢の仕事だけで生活している女性とは別に昼間は普通のOLとして働いていて、夜や週末の時間を利用してソープ嬢の仕事をしている場合も多いです。
金額的な事だけを考えれば、ソープ嬢一本で稼いだ方が大きく稼げると言えますが、昼職の仕事はしっかりとこなして、別でソープ嬢として働きたいと考えている女性は多いと言えます。
昼職とソープ嬢の仕事を同時にする事になれば、体力的に負担も大きく、しんどいはずですが、そこまでして昼職とソープ嬢のお仕事を兼業する意味は気になると思います。
加えてソープとしての仕事をする場合に昼職としてはどんな仕事をするかも重要なポイントです。
昼職は、派遣社員や正社員、バイトなど雇用形態も変われば、事務系や営業系など企業によっても様々で好みに合わせて選ぶことは大事になります。

昼職とソープを合わせて仕事をすると精神的に負担が軽くなる

収入の為でもあり風俗で働く女性は働く理由は、人それぞれ異なりますが、ソープ嬢として1本で働いていると精神的に病んでしまう女性が多く、特に人付き合いがあまり好きではない女性は、ソープ嬢として周囲との距離が開いてしまうので、悩みがちになってしまいます。
金銭的には大きく稼げて貯金も出来ますが、お金だけを優先していると精神的にし躯体的に健康状態関係なく頑張りすぎてしまう場合もあります。
昼職と兼用している女性は、昼と夜で環境も大きく異なり、仕事でも気分転換をする事が出来ます。
昼間に風俗関係とは全く関係のない人たちと過ごすので、一日を通して多くの男女と関わる事が出来る事から、精神的に追い詰められにくいと言えます。

ソープで昼職を行うメリット・デメリット

風俗のソープで働きたいと思っている女性も多いと思いますが、昼職についても同時に行う事がおすすめで、そのメリットを理解しておく必要があります。
専業風俗嬢になってしまうと交友関係は狭くなる可能性は高く、友好関係が広くなることは殆どないと言えます。
身バレの心配や後ろめたさ、金銭感覚などの違いなども含めて、それまでの知り合いと疎遠になること多い職種と言えます。
元からの友人との交友関係は続く事もありますが、新しい一般人と出会いにくくなってしまい、加えて風俗店では、スタッフや他の風俗嬢、男性客と個人的に仲良くなることは禁止されているので、辛いポイントですが確認しておく必要があります。
寂しさや疎外感からホストや占い師にハマってしまう女性も多いです。
風俗の中でもソープの仕事は、普通のアルバイトの数倍の高収入に自由出勤と、一般職ではあり得ない好条件です。
それが風俗としての仕事のメリットでもありますが、風俗という世界の中だけにいると、一般常識や金銭感覚がずれてしまいます。
風俗では、1日出勤したら4万円の現金が手に入るのに、時給1000円のアルバイトをしていた頃の感覚をキープする事は人間だれしも無理な話です。
昼職を続けている事で、世間の普通がよく分かるようになり、食事は自炊や通勤に電車を使う事も自然に出来ます。
風俗一本の場合には、風俗で貰っている金額や生活が常識になってしまうので、外食が多くなり、移動はタクシーなど使用する女性が多いです。
基本的に長い人生の一部として考えるのであれば、世間の普通は忘れない方が将来的にも大事になります。
風俗嬢として昼職を行うメリットとして、再就職にも大きく影響されると言えます。
基本的にどの女性もいずれ風俗嬢は卒業する事になり、一生風俗の仕事を続ける事は不可能と言えます。
風俗の仕事を卒業して、次の仕事を就く時に前職が全くないと不利になってしまいます。
普通に考えれば分かりますが、昼職の経験がない、ブランクがあると良い仕事が見つかる事は難しいです。
昼職で兼用するのは職歴を作ると言う意味でも行う事がよいです。
お金で買えないものが得られるので昼職はソープで高収入を稼げても続けるべきと言えます。
収入面を考えると昼職は風俗には敵いませんが、昼職のアルバイトでは交友関係や、職歴などのお金では買えないものが手に入ります。
風俗嬢をしながら昼職を行うことが多くのメリットがありますが、デメリットに挙げられるのは身体へのダメージであるといえます。
昼も夜もフルタイムで働いていると体力的にも精神的にも疲れてしまうので、昼職はバランス良く、自身の負担にならないものが良いです。

ソープで働く上でおすすめの昼職

風俗でお金は稼げばよいので、昼職は時給が良い事よりも楽しい職場や友好関係を作りやすい職場が良いと言えます。
女性に人気のアパレルの販売やカフェの店員は、応募資格を考えると週4日以上勤務などの条件が課せれている事が多いので、掛け持ちで働くには厳しいと言えます。
昼の仕事が楽しくても、風俗との掛け持ちでは体調を壊してしまう事になりかねないです。
昼職としての理想としては、風俗と掛け持ちしながらできる出勤日数が少なく自由度の高いオシャレな仕事と言えます。
ソープ嬢の昼職としておすすめなのは、イベントコンパニオンが挙げられます。
シフト制ではなく登録制のバイトという事から週に1日から働く事がで出来て、採用も容姿を重視される事もポイントです。
美容やオシャレに気を使っている人が多くなるので、良い環境と言えます。
昼職としてイベントコンパニオンのデメリットとしてはソープの男性客に会ってしまう事があるかもしれないです。
微々たる可能性ですが、イベントの会場や種類をしっかり確認して仕事をする必要があります。
イベント運営スタッフもソープの昼職としておすすめで、イベントコンパニオンと同じく登録制で自由度の高い仕事です。
採用はスタッフが緩い傾向にあり、仕事内容も簡単なので大型のイベントならば働く人数も多く、スタッフの平均年齢も低い事から気の合う友達に出会いやすい環境です。
都市部の駅前やショッピングモール内などのエステとマッサージのお店で働くのがセラピストもおすすめの昼職と言えます。
美容に関わる仕事なので、美容に関心のある女性にはおすすめで資格は必要ないので未経験でも働く事が出来る魅力があります。
健全なマッサージとして土日だけでも問題なく行えるので、採用条件も緩い傾向があります。
マッサージ店は、店舗数が急激に増えているのでセラピストとしての募集を多くしているので勤めやすいとも言えます。
ビジネス街にあるカフェはモーニングの時間から営業していますが、朝だけでもカフェのスタッフも募集しているのでおすすめです。
モーニングタイムだけの短時間の出勤は、風俗の仕事を休まなくて良い事からカフェでも働く事が出来ます。
仕事に慣れたらシフトを昼間に変えて出勤日数を減らすなどの工夫をしても良いです。
昼職で働く上でも未経験の状態であれば、我儘は言えないですが、仕事を覚えた後であればある程度の融通は効きます。
カフェでの昼職に限らずにシフトの変更などは、応用出来るのでソープとしての仕事の事を考えて調整すると良いです。

ソープで働きながら昼職はどんな仕事が良い?のまとめ

高収入を期待できる風俗の王様としてソープで働く女性は多いですが、その中でもソープ嬢として働く場合でも昼職はしっかりと行う事がおすすめと言えます。
一般的な生活スタイルや再就職、友人関係などお金ではない部分を得る事が出来るメリットがあり、加えて昼職は自身の負担にならない仕事を選ぶと良いです。
カフェの店員やイベントスタッフやイベントコンパニオンなど多くの自由度の高い仕事があるので、昼職は好みの仕事をチョイスすると良いです。
資格を取って昼職では介護職などで働いている風俗嬢などもいますが、ソープで働く場合の昼職のおすすめは、生活していく上で負担にならない自由度の高い仕事と言えます。

高収入バイトを探すなら

効率よく稼げるお店を探すならスカウト型風俗求人サイトがおすすです。
無料登録をするだけで、お店側からオファーメールが届きます。
その中から条件にマッチしたお店を選びましょう!

稼げるお店がたくさん掲載されてるサイトはこちら!

Qプリ

ミミロケ

登録したらオファーメールを待ってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする